大学受験 参考書

速読英単語1必修編

大学受験 参考書記事!

今回は、Z会出版様より、速読英単語1必修編を紹介していきたいと思います!

ターゲット、シス単、Duo、鉄壁、単語王etc……

単語帳業界には、さまざまな参考書が軒を連ねています!

時代はまさに群雄割拠。単語帳の最強を決める論議には結論が出ていません!

しかし、そんな混迷の中、僕は『速読英単語』を推していきたい!

実は僕が受験勉強に使ったのは、速読英単語ではありませんでした……。

しかし、人に薦めるのであれば、迷うことなく速読英単語を推したいです!

今回は、速読英単語の魅力に迫ります!

目次

1.速読英単語1必修編ってなに?

2.速読英単語の形式

3.本書が優れている理由

4.本書の欠点

5.まとめ

Ex.難関大を志す諸君に向けて

まずは評価をどうぞ(評価基準はこちら

レベル ☆3.5
必要性 ☆4
所要時間 ☆3
支持率 ☆4
おすすめ度 ☆4

※今年改訂されて、デザインが格好良くなってます!

1.速読英単語1必修編ってなに?

速読英単語1必修編は、Z会出版が発行している英単語帳です。

レベルはセンターからMarch、上位国立大くらいです。地方旧帝大くらいまでなら、これ一冊で踏ん張れると思います!

早慶上智や外大、一橋レベルになると、これに加えて速読英単語2上級編(本書の続編)が必要になってくるかもしれません。

2上級編の上のレベルとして、リンガメタリカという高名な単語帳も存在します!

足りなくなったら上のレベルを足していけるのも、本シリーズの強みですね!

扱っている単語数は、1900語と派生語を加えた3100語です!

有名大の入試問題を分析したうえで、頻出の語をピックアップしているので、信用できる語選と言えるでしょう!

2.速読英単語の形式

速読英単語は4ページ1組で構成されています。

1ページ目は、200語程度で完結している短めの文章です。文中に、本書が取り上げている英単語が散りばめられており、課題の単語は赤字になっています。

次いで2ページ目には、その文章の和約が記載されています。ここでも、単語の和訳部分は赤字になっています!

3,4ページ目では、一般の単語帳と同じような形式で単語が並んでいます。

この4枚1組が速読英単語シリーズの特徴です。

Next.本書が優れている理由

1 2