受験・就活裏情報

wakatte.tv というYouTubeチャンネルについて

こんにちは……。今回はwakatte.tvというYouTubeチャンネルさんについて語ります。

wakatte.tvと言えば、有名な学歴煽りチャンネルですよね。

登録者数こそ5万人なチャンネルさんですが、その知名度は受験界隈で屈指のもの。

一橋での知名度も結構なモノです。そんなwakatte.tvを大学生目線で語りたいと思います。

目次

1.wakatte.tvの概要

2.企画には失礼なモノが多く、よく燃える

3.wakatte.tvが果たしている役割

4.一橋・東工大生は気を付けるべき

1.wakatte.tvの概要

武田塾に縁の有る2人が運営するチャンネルです。

京大卒の高田さんと、早稲田卒の山火さんの2人が、学歴ネタを引っ提げて全国を練り歩くという珍道中。

その物珍しさから、一部の人間にはバカウケしており、Upされた動画は平均して10万弱の再生数を誇ります。

学歴厨の化身となった高田さんと、セーブ役を務める山火さんの掛け合いは軽妙かつウィットに富んでおり、学歴ネタを笑いへと昇華させています(本当に昇華できてんのかなぁ笑)。

企画の内容は多岐に渡りますが、

①アホ街ック天国

街区に繰り出し、その街にいる人の学歴から街の偏差値を調査する企画

②モテる大学調査

街を歩いている女性に声を掛け、彼氏として理想の学歴を聞き出す

③学歴ジャンケン

高田、山火の2名が、街の中から1人ずつ人を選び、互いが選んだ人の学歴で勝負する

↑が主な企画内容です。

2.企画には失礼なモノが多いと言われるが……

wakatte.tvの動画撮影は、お世辞にも上品であるとは言えません。

それどころか、よく刺されないな、と思うほど踏み込んだ内容をぶつけていくので、見ているとハラハラします。

よく刺されないな、と思う内容としては、やはり高卒煽り、専門煽り、F欄煽りなどの学歴煽りですね。

炎上したネタの筆頭としては、

法政大学の入学式、第一志望の新入生 0人説を検証!

が挙げられます。このネタはかなり燃えたようです。

このネタ以外にも燃えているモノはいくつか有って、wakatte.tvを良く思っていない人が多くいることを物語っています。

しかしながら、wakatte.tvが果たしている役割は決して小さくないと僕は思います。

3.wakatte.tvが果たしている役割

wakatte.tvを叩く人の気持ちは分かります。あのチャンネルは、世の中の学歴差別を助長しているという言い分でしょう。

それは、全く間違っていないと僕も思います。

しかしながら、wakatte.tvというチャンネルが有ろうが無かろうが、学歴差別の実態はそう変わらないでしょう。

それくらい根強い学歴信仰が日本、特にアッパー階級に存在することは事実です。

ゆえに、学歴信仰の実態を視聴者に伝えるというwakatte.tvの理念には、一定の説得力が有るのです。

wakatte.tvの理論

確かに世の中は学歴が全てじゃない。

しかし『学歴が全て』と言い張る人間もいる。

学歴が全てという考えは間違っているが、そう考える人がいる以上、間違った考えについても理解を深め、それを踏まえて受験勉強した方がいいだろう。

要するに『学歴が全てという考えは間違えているが、そう考える人がいる以上、その事実にも目を向けるべき』という理論ですね。

これをもう少し分かりやすい例に直してみましょう。

交差点の信号は守るべきである。

しかし、守るべき信号を無視して車を運転する人も存在する。

信号を無視するという行為は間違っているが、そういう行動を取る人がいる以上、それを踏まえた上で、注意しつつ交差点を渡るべきだ。

つまり、↓のように言い換えることが出来ますよね。

⑴世の中には『誤った考え方=学歴信仰=信号無視』をする人がいる。

⑵しかし、彼らが間違えているからといって、それを無視することはできない。

⑶なので『誤った考え方=学歴信仰=信号無視』を理解して

⑷『誤った考え方に対処=受験勉強=青信号でも注意』することが大事である。

高田さん、山火さんもこのようなことを言っていたので、wakatte.tvの理論は↑で間違いないでしょう。

まぁ、これを言う人達が単なる学歴厨であれば、説得力の欠片も有りませんが、山火さんや高田さんは、世の中が学歴だけで決まらないということを理解されているはずです。

というのも、高田さんは武田塾で広報を担当されており、山火さんに至ってはフリーランスでマーケティングやプロジェクト・マネージャーをされています。

確かな実力を持つお二方が言っているので、↑の理論にも説得力が有りますね!

とはいえ、あのチャンネルが多くの視聴者や取材対象の心を抉っているのもまた事実。

決してクリーンではありません。清濁併せ持つ魅力的なチャンネルだということです。

4.一橋・東工大生は気を付けるべき

話をガラリと変えます。ここからが今日の本題です。

そもそも、僕がこの記事を書こうと決めたのは、今日起こったある出来事が理由なのですから……。

――――――――

昼休みのことです。いつものように学食で昼食を摂ろうとしていたら、ベンチに知り合いが固まって座っています。

一橋生が群れるのは珍しいので、面白半分で近付いてみると、僕の知り合いAがいじられていました。

しかも、一方的にいじられている様子。これは様子がおかしいぞ※、と思って近付くわけです。

※重ねて自慢するようで恐縮だが、一橋では『特定の1人をからかって遊ぶ』という頭の悪い光景を滅多に拝めない。

Aがいじられている理由を聞いてみたところ、Aはwakatte.tvに出演したということで、それが原因でからかわれているという話でした。

一橋や東工大など、人数の少ない大学はムラ社会なので、YouTubeに出演したりすると、結構すぐバレます

さらにさらに、偏差値の高い大学の学生であるほど、wakatte.tvを視聴している可能性が高いので、

一橋や東工大などの少人数かつ高偏差値の大学は、wakatte.tvに出たことが最も広まりやすい環境です!

出演される際には、十分にお気を付けくださいませ。

それでは、今回はここまで。見てくださりありがとうございました!

慶士郎
慶士郎
すっかり大学生向けの記事になってしまった。次回は参考書記事にしよう